中高年に多いもの

Common drugs

うつ病は日本だけでも100万人を超える患者がいるとされる病気で、特に中高年に多い傾向が見て取れます。これには職場や家庭におけるストレス等の影響が考えられ、治療には様々な方法が用いられます。抗うつ薬の投与もそのひとつで、服用を続けるうちに徐々に効果が現れてきます。抗うつ薬は作用機序によって分類されていて、セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害するSNRIは第4世代と呼ばれています。サインバルタもSNRIに分類される抗うつ薬で、デュロキセチンを有効成分としています。国内の医療機関でも処方されていますが、通信販売で購入している利用者も少なくありません。また、海外から安いジェネリック薬を購入するケースもあります。

サインバルタが作用するセロトニンやノルアドレナリンは神経伝達物質と呼ばれ、活力や意欲といった人間の気分に大きく影響しています。これらの物質が放出されると気分が高揚してくるのですが、これを回収するのがトランスポーターと呼ばれる輸送体です。サインバルタはこのトランスポーターの働きを阻害し、セロトニンやノルアドレナリンの量を維持します。これによってうつ状態を改善に導くのです。ちなみに第3世代と呼ばれるSSRIはセロトニンのみに機能します。サインバルタはセロトニンに対する効果が大きく、SSRIに近いと言われています。最近は輸入代行業者がサインバルタのジェネリック薬を多く取り扱っています。料金も安いので利用者は増える傾向にあります。